選手の成長を加速させたい指導者が知っておくべき、子供の才能タイプ

この子はやる気が見えないなぁ~。

あっちの子は生き生きしてるんだけどな~。

こんなふうに、子供によってやる気や取り組み方にかなり差が出るなぁと感じている指導者の方、多いんじゃないでしょうか?

私もずっと感じていました。

でも実は、そこにどんな特徴の違いがあるのか?に気づくことが、その子の成長速度を大きく変わることを私は知りました。

よく、「子供の才能を見分けよう!」という言葉を聞きますが、大切なのは技術の才能だけではなく、それ以上に知っておくべき才能の違いがあります。

いったいどんな才能でしょう?

 

それは、

学び方の違いです。

 

例えば、

1.同じことを繰り返すのは苦手だけど、目立ったり新しく面白いアイディアを考えるような学び方が得意な子。

2.細かい分析などは苦手だけど、誰かと一緒に会話をしたり、ワイワイ楽しくしながら学ぶのが得意な子。

3.目立ったりアイディアを出せと言われると困るけど、流れやマニュアル的にちゃんと教えてもらえれば、着実にこなせる子。

4.人と会話をしてワイワイやるのは好きではないけど、数字やリスクの分析、課題を見つけるのが得意な子。

 

というように、コミュニケーションや学び方の特徴に違いがあります。

この学び方の違いを指導者が知っているかどうかで、その子の成長が早くなるか遅くなるかにとても影響を与えます。

 

それが分かれば、例えば、

「あー、この子は実力がないわけじゃなくて、目立つのが苦手なだけなだけなんだな」

と分かったりします。

そうしたら、

「プレッシャーのある練習をもう少し増やそう」

と考えることができます。

 

または、「この子はコツコツやるのは苦手なだけで、アイディアは凄い」

と分かれば、

「できるだけ創造的に動けるポジションにしてみよう」

などと活かし方を変えられます。

 

ぜひ「この子の学び方は?」
という視点で見てみてください。

それぞれの良さをしっかりと伸ばしてあげられるようになると思います。

 

タイプ分けについてはオススメの無料診断がありますし、もっと詳しく知って活かしたい方はお問い合わせください♪

それではまた!

ABOUT US

daisuke
自信とハイパフォーマンスの専門家。 楽しみながら結果を出せるチームづくりをサポートします。 学校やスポーツチーム、企業にて選手、スタッフの教育方法を指導。 趣味:映画、読書、イラスト、カフェでのんびり。 おすすめの映画:インターステラー。 好きな食べ物:肉じゃが、ドーナツ。