選手が楽しめる練習づくりが成長を加速させる!

はい、今日はここまで!

えぇー、もう少しやりたかったな~!

毎日練習が終わったときに、こんな会話ができたら楽しいですよね。

選手たちが楽しめる練習は、成長を加速させます。

選手たちが「やりたくないな…」と思った瞬間、パフォーマンスは下がります。

でもその逆に「やりたい!」と思えたらパフォーマンスは上がるんです。

 

こういう話のときに必ず出てくるのが、「モチベーション上げる」という言葉ですね。

でも実は、それをあまり考えなくても簡単に「もっとやりたい!」と思ってもらえる練習をつくることができます。

そのヒントは?

 

ズバリ、「ゲーム」
です。

 

あなたはお祭りの輪投げなどで、小さな子供たちが「ボクもやる、ボクも!次は交代ね!」と言って、騒いでいるのを見たことはありませんか?

果たしてそこにモチベーションなんて関係あるでしょうか?

よし!輪投げをするためにモチベーションを高めよう!

とか、

ダメだ、今日はやる気が出ないから輪投げのイメトレから入ろう。

などとは考えてませんよね?

 

そんなふうに、もしも練習のゲーム化が上手くいけば、モチベーションなんて言葉は使う必要もなくなるんです。

まるで輪投げの順番を獲り合う子供たちのように。

ゲーム化のヒントの1つは「難易度のバランス」です。

毎日簡単すぎる練習になっていませんか?

または難し過ぎる練習になっていませんか?

 

そもそもモチベーションを上げなきゃいけない練習になっていたら、毎日頑張って上げるしかなくなります。

でもその負担が減ったらならば?

指導者はかなりラクになりますよね。

そして選手はただただ夢中になる。

そこにあるのが、成長を加速させる波です。

 

どんなゲームにすれば、選手たちが夢中になるのか?

ぜひ考えてみてください♪

またヒントをお伝えします(^‐^)

それではまた!

ABOUT US

daisuke
自信とハイパフォーマンスの専門家。 楽しみながら結果を出せるチームづくりをサポートします。 学校やスポーツチーム、企業にて選手、スタッフの教育方法を指導。 趣味:映画、読書、イラスト、カフェでのんびり。 おすすめの映画:インターステラー。 好きな食べ物:肉じゃが、ドーナツ。