自信とハイパフォーマンスを引き出す専門家/高橋だいすけのページ。

スタメン奪取コーチング体験者募集中!!

自己イメージ

自己イメージ

自己イメージとは、「自分は○○な人間だ」というような自分自身に対するイメージのことです。

基本的に自己イメージは、心の奥底である“潜在意識”が持っている自己像だとされています。

<自己イメージの例>
・私は男だ
・私はリーダーだ
・私は足が早い
・私はユーモアがある
・私は偉大な人間になる人だ

自己イメージはその名の通り“イメージ”であり、本人の思い込みです。

なので、実際の自分と一致していないことも多くあります。

その思い込みのイメージは、これまでに経験したことや感じたことの記憶データから作られています。

また、その人の行動範囲もこの自己イメージから大きな影響を受けています。

“私は積極的な人間だ”という自己イメージを持っていれば、いつも積極的に行動できる。
“私はチャンスに弱い”という自己イメージを持っていれば、チャンスでものすごく緊張してしまい、弱い自分を演じてしまうという結果を招きやすくなります。

良い結果を残したい場合は、やはりよりポジティブで高い自己イメージを持てるようにすることが重要になります。

<ポジティブな自己イメージのつくり方>
・イメージトレーニング(ビジュアライゼーション)
自分の理想だと思う状態をリアルにイメージして体験します。
その際、『今まさにその状態』というイメージを持って体験することが重要です。

上にも書きましたが、自己イメージは過去の記憶データに基づいて作られています。
そして人間の脳はイメージ(想像)と実体験を区別しないという特性があるので、
たとえイメージだとしてもそれを何度も繰り返し体験することで、自分の中にその理想を実現できる自分のイメージが作られていきます。

これを繰り返し続けることで少しずつ、ポジティブな自己イメージが作られていくはずです。