自信とハイパフォーマンスを引き出す専門家/高橋だいすけのページ。

スタメン奪取コーチング体験者募集中!!

『無意識な影響力』

daisuke
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
daisuke
高橋だいすけ。 自信とハイパフォーマンスの専門家。 学校やスポーツチーム、企業にて、自信とハイパフォーマンスを引き出す指導を行っている。 自信、ハイパフォーマンス、メンタル、モチベーションについて動画でも解説しているので、ぜひご覧ください♪
詳しいプロフィールはこちら

FullSizeRenderこんにちは。モチベートコーチの高橋だいすけです(^-^)

スポーツで結果を出すためにはどうしたら良いのか?

お父さん、お母さんは、みんなお子さん達が部活で活躍するのを期待しているし、出来れば試合にも勝ってもらいたいと思っているはずです。

でも、『そんなふうに思っていても、実際にやるのは子供だし、私たちには何もできない。見守るしかないよね~』というような声をたまに聞きます。

私が、そんなお父さんお母さんに意識してもらいたい事の一つ、

それは、“子供の理想(目標)を下げさせないこと”です。

例えば、高校の野球部ではこんな話がとても多いです。

『一応甲子園を目指してましたけど、うちの学校は地区大会2回戦までいければいいくらいだから~、精一杯がんばってもらえればそれでいいと思ってるんです。』というお母さん。

そして息子には、『でも、できるだけ上のほうに行けるように、頑張りな!』と言う。

お母さんの気持ちも分かります。でもその言葉からは、“優勝は無理だと思うけど”という思いがかなり伝わってきます。むしろそれが前提であるかのように。

言葉が良い悪いという意味ではありません。
ただ、そんなお母さんの言葉を聞いているうちに子供の頭の中でも、“優勝できなくて当たり前だ”、“自分たちは優勝できないチームだ”という認識に慣れてしまうんですね


それは逆に言えば、“優勝してしまったらおかしい”ということになるので、ますます優勝しないことに違和感がなくなる訳です。

そうやって、目標を目指して頑張っていたはずなのに、まだレベルが足りていない現状で判断して、『無理かもしれないね』と言葉に出してしまうことは、子供の頭の中(無意識の部分)にじわじわと影響を与えていきます。

また、もしも監督がそんな思いを持っていたとしたら、すでに練習の時点で『甲子園は無理だろうけど』と思っていたならば、恐らくそのチームは無理でしょう。
その時点で甲子園へ行けるレベルの練習をさせなくなるかもしれません。そしてその気持ちは子供たちにも伝わります。

お母さんの優しさが無意識に子供の目標を下げさせてしまう。
監督の弱気な気持ちが無意識に子供たちの目標を下げさせてしまう。

そういうことはよくあります。

では、そこをどんな風にしていけば目標を下げずに成長していけるのでしょう?

次回はその方法に触れていきたいと思います。

それでは♪

この記事を書いている人 - WRITER -
daisuke
高橋だいすけ。 自信とハイパフォーマンスの専門家。 学校やスポーツチーム、企業にて、自信とハイパフォーマンスを引き出す指導を行っている。 自信、ハイパフォーマンス、メンタル、モチベーションについて動画でも解説しているので、ぜひご覧ください♪
詳しいプロフィールはこちら

動画ページ

自信の高め方やメンタル、子どもへの指導のしかたなど色々な事について解説している動画集です♪

自信のきほん

自信を高めたい人に知ってほしい「自信の基本」をお伝えします!これは始めに知っとかないと!

無料メールレッスン

7日間の動画付き無料メールレッスンです。自信を高めるメソッドについて、7回に分けて動画付きで解説していきます♪